読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

をたくにっき。

永遠なんてないよと牽制してもいい

유행가

SEVENTEEN 私物 セブチとお揃いのものをただただ入手したい会

 

ウジたんとお揃いのSUNのiPhoneケース(*^o^*)

instagram.com

f:id:migiwa_8:20161002024638j:image

f:id:migiwa_8:20161002024722j:image

f:id:migiwa_8:20161002024712j:image

f:id:migiwa_8:20161002024826j:image

f:id:migiwa_8:20161002024910j:image

f:id:migiwa_8:20161002024704j:image

instagram.com

instagram.com

f:id:migiwa_8:20161002025124j:image

f:id:migiwa_8:20161002025129j:image

最近彼はyoungboyzさんがウジくんにソンムルしたというウジくん限定仕様のものに持ち替えていたので、さて私は青ピンクと白赤どちらを買おうかと迷いに迷った結果…

一昔前に彼が持っていた白赤に。

で、真っ白なのかと思ってたけど、届いて見たらアイボリーだった驚き。

ベルトに指を通せるから持つのが楽だったり、ベルトがセルフスタンドになったり、ポケットに入れたらちょびっと見えるベルトがオシャレだったり…という他にも、

ベルトで自由に固定できるので、自転車に乗るとき優秀なナビになるという。これはかなり良い。

ただ音量調節がしにくいのが欠点かなと思ったけれど、我慢できるレベル。

このケースにしてからiPhoneに触るとルンルンになるから、スマホ中毒を助長させてしまう(ダメやん)

너 예쁘다

SEVENTEEN 私物 目指せ!ユン・ジョンハン!(無理なのは分かっている) セブチとお揃いのものをただただ入手したい会


13少年漂流記で判明した、ジョンハンとジフンの使用している洗顔料。

日本製のパーフェクトホイップだが、韓国で人気が高いらしい。

漂流記の時に彼らが使っていたものと全く同じものは今年の3月で生産終了しており、今はロゴも質も新しくなっている。

彼らもこの新しくなったものをまだ使っているだろうか?

真相は分からないが、同じものを使っていると信じてるんるんでパーフェクトホイップを愛用♪

はじめに

関ジャニ∞ BIGBANG SEVENTEEN はじめに

ーオタク遍歴ー

📙

 

小学生の頃、本を読むのが好きだった。

あさのあつこ重松清森絵都を中心に読んでいた。

ここに私のルーツが一つ隠れていたことに、私は数年後に気付く。

それは

あさのあつこ著「No.6」で私は既にBLに目覚めていた

ということだ。

 

🐝

 

2007年秋〜  関ジャニ∞

関ジャニ∞は信仰宗教。
私が辛うじて生きているのは全面的に関ジャニ∞のおかげ。関ジャニ∞がこの世にいるから。
思春期を関ジャニ∞と共に過ごし、考え方、音楽の好み、など私の礎は関ジャニ∞によって築かれた。
自分の人生において私は心の底で永遠を求めそして諦めたが、今はその願い「永遠」を関ジャニ∞に夢みることができているため幸せである。
アイドルグループ活動が永久である保証はないが、関ジャニ∞は永遠を堂々と歌いのけたので私は手放しで彼らの永遠を信じてついていくことができる。
彼らが永遠を歌うよりもずっと前に、横山さんの「一生僕らについてきてください」の言葉で私は無条件に彼らについていきたいと思っていること、ついていくことを既に悟っているのだが、「いつか永遠と呼べるまで」と錦戸くんが歌ったことで私は安心したのだ。
かねてより永遠を願う人が、ついに関ジャニ∞の永遠を願う歌をつくった。

「永遠なんてないよ と牽制してもいい
でも僕はね 信じてみたい 例えそれが一瞬だけでも」
永遠なんてないと頭で思いつつも、それでも永遠に拘り求め続ける人が好き。それが錦戸亮ちゃんであり、ジヨンさんだと思う。共に2人はそれを歌にしている。


横山担だが、ユニ担。


関ジャニ∞は信仰宗教、

ヨコヒナのレコメンがバイブル。
一週間はレコメンで始まり、レコメンで終わった。木曜日22時ー25時の3時間があったから、生きていけた。充電時間であり、支えであり、何よりの楽しみであった。一週間に一度、必ず楽しみな出来事があるというのは生きる上で物凄く大きな支えであった。
木曜日の夜は予定が入らないよう努めていた。生で聴けなかったのは合宿と修学旅行と1度突然代わりを頼まれてバイトに入らざるを得なかった時だけ。(それでも修学旅行の時は意地でも聴こうとした。電波入らなかったが)
あの頃は一週間が楽しかった。

ヨコヒナのレコメンが終わってから数年経った今もまだ心にポッカリと穴が開いたままである。心の整理を本棚の整理に例えるとしたら、本棚に一冊も本をしまえていないままである。


三馬鹿、ヨコヒナ、よこすば、松原.、
やすば、よこりょ、よこやす、
すばりょ、ヤンマー、山田
で特にテンションが上がったり悶えることが多い。

 

🏊

 

2013年、ONE PIECE熱が復活し、大好きなサンジの声を務める平田広明さんを好きになり、その繋がりでタイバニを好きになる。その流れで二次元と二次元BLに嵌り始める。

そして2013年夏、アニメ「Free!」&原案小説「ハイ☆スピード!」沼に落ちる。

 

ここから暫くはFree!シリーズ、ハイスピシリーズを中心に二次元に嵌る。

 

アニメFree!シリーズ、映画ハイ☆スピード!など色々あるが、

私は断じて小説「ハイ☆スピード!」シリーズ至上主義である。

 

💥🔫

 

そしてそれは、突然だったーー。

2016年2月、BIGBANG沼に落ちる。
きっかけはMステ。
すばるくん目当てでリアタイ&録画していたこの日のMステ。他の出演者には興味はなかったが、強いてその時にBIGBANGに抱いた感想と言ったら、「ドカンて笑 そんな日本語使うのね笑」「あ、この曲聴いたことあるかも(←FBのこと」「ファンうるせーーーなーーーー(今や自分がそのファン」「サビで歌わないで踊ってるだけって3代目の曲でもあったし、流行ってるの?(FBは2012年です」「BIGBANGって名前は聴いたことあるけど初めてまともに見たわ。あ、このニコニコしてる人は知ってる〜感じ良い〜(←テソンのこと」という超外野としてのもの。

そして放送翌日のジヨン氏のツイートがなかったら、私は録画していたのをBIGBANGの出演部分も他の出演者と同じくカットして完全にすばるくん用編集にしていただろう。だが、ジヨン氏のツイートが、私をビッベン沼に導いたのだ。

このツイートを見て私は「何!びっぐばんって良い人ざぁん!」「すばるくんの歌が響くなんて、見る目あるざぁん!」(←上から)(このときは「ざぁん」とは言っていない)と、一気にジヨンさんがどういう人なのか、そもそもどの顔の人なのかと気になり出す。

そして録画していたMステのBIGBANG部分を繰り返し見て、顔と名前を一致させる作業に努めていくうちに、「TOPって人…かっこよすぎやろ…なんなんだふざけてるのか…サングラス…くっ…サングラスとってもかっこよすぎやろ…このチェスターコートと帽子とサングラスと顔とスタイルの良さ最強イケメンかよ………加えてこの力を抜いたダンス…かっこよすぎやろ…」と、コンパクトで力んでいないダンスをするタプさんに惹かれていった私。(後にダンスが得意でない故だと分かり拍子抜けするわし)

 

で、なんだかんだあり、

今では揺るぎなき、というかもう逃れられないニョントリペンである。

そして気付いたら、ジヨペンではなくスンペンだった。

スン寄りニョントリペンイムニダ。

 

💎

2016年7月16日…

この日は私が生まれて初めて一目惚れというものをした日。

ユン・ジョンハンくんに。

 

まさかこれ以上ケーポに嵌るとは考えていなかった。

一目惚れしたその人のことをこんなに好きになるとは思わなかった。

13人全員まるっと愛せるとは、にわかに思わなかった。

1日でユニ担になってた私。

迂闊だった、全てが迂闊だったよ・・・。

セブチに出会うにしても、出会わないにしても、どっちにしても迂闊だったよ!

 

ということでセブチ沼にズーン。

 

国内外含め、現在3アイドルグループを応援中。 

 

惹かれた理由として、そして好きで居続けている理由として、関ジャニ∞にもBIGBANGにも共通して言えるのは、笑わせてくれること。笑うと一気にセロトニンが増えて幸せを感じる。こんなに安定して面白いのはエイトだけだと思ってたら、びっべんが(腹筋が)破滅的に面白かったからたまげたんですわ。

セブチはほんと、清涼ドル…彼らも同じように人間だけど、キラキラキラキラしている…眩しくて見ていられない…苦しい…

これは私がヌナペンだから?

 

私がアイドルに求めているのは、幸福感とか仕事の内容とかもそうだけど、最もは、永遠。

ましてや仕事以外のプライベートに関しては、恋愛しようが何しようが、仕事に支障ないなら基本的にそこにいちゃもんをつける気はない。(色々思ったりはするけど)(結婚についてはまだ考えられないけど)

好きなアイドルグループが、ジヨンさんの言っていたように、The Rolling Stonesのように、長く活動を続けてくれることをただただ願っている。

「ずっと一緒」「いつか永遠と呼べるまで」と歌った関ジャニ∞

The Rolling Stonesのように」と言ったジヨンさん。

「ずっと皆でやっていきたい」と言っていたジスくん。

未来はどうなるかわからないけれど、続けていく意志を明らかにしてくれるだけで私は元気になれる。安心する。信じてついていける。

関ジャニ∞のようにメンバー全員で「ずっと一緒…」と唱えなくとも(笑)、ビッベンもセブチもメンバー全員の口から永遠に近い台詞を聞けたらいいな。

特にセブチね!頼むよ!頼むよ頼むよまじで!

こう考えるとねえ、改めて、りょうちゃんの「いつか永遠と呼べるまで」は何度聴いてもグッとくるねえ。中々ないよ。

りょうちゃんだいすきありがとう(号泣)永遠に焦がれるりょうちゃん、エイトの永遠を歌ってくれてありがとう

永遠を叶えて私のヒーローになってほしいです

 

あー、重い、私は重いんですよ。

 

 

ーこのブログー

思い返せば、ブログを作って、ブログを書くのがずっと憧れだった。

小学生の頃から、私はただのロム専だった。学校から帰ったら、パソコンをいじって色んな人のサイトやブログを読み漁りまくって1日を終える。それが日常だった。本、アイドル、アニメ…好きなものが変わっても、ロム専癖は変わらない。顔も知らない、喋ったこともない人だけど、その方々の紡ぐ言葉や描く絵、物事の捉え方、感性に憧れを抱き、特にファン初心者の頃は様々なことを(勝手に)教えてもらっていた。沢山の様々なサイト、サイト主さん、ブログ、ブログ主さんがいらっしゃってストーキングしていたけど、一等大きい存在だったのは、今はなきCURURUCURURUは楽しかった。私は間違いなくCURURUで育った。

CURURUを始め、パソコンにかじりついていたあの頃を思い出すと懐かしくて涙が出そうになる程、あの頃に戻りたいと思う。

でもまあそんな風にパソコンや携帯をただ見つめてあっという間に1日が過ぎるという習慣はあの頃からTwitterが主になった今の今まで続いている。このことが当たり前になりすぎて最近忘れていたが、私は昔っから、根っから、ネットに侵されたダメ人間だったのだ。

一時は、自分から憧れの人とのコミュニケーションを図ったこともあったが、それももう諦めた。私はネット上ですらコミュニケーション音痴で、それを治すことは諦めた。今はただストーカーのようにロムっている。

一時は、あんな風に書きたい(描きたい)とブログを何度か創設したが、続けられなくてすぐやめた。

結果、私にはTwitterが非常に向いていた。好きなだけストーカーもできるし情報収集もできるし独り言も呟き放題!

Twitterで満足していたのだが、最近またブログもしくはサイトを作りたいと考えた。何のためか、簡潔にまとめると、

・オタクをやっていることを形にまとめたい

ということだ。

関ジャニ∞のファンでいることにマンネリ化が起き、アニメという2次元に転がり込んでからは専ら住処はTwitterとPixiv。だが、2016年に入ってからK-POPグループを好きになり、SNS事情に変化が訪れた。Instagramが加わったし、何よりケーポは情報量が凄まじい!!!!マスター制度がある為、写真がわんさかわんさか。情報がわんさかわんさか。しかも今、好きになって間もないため、絶賛「彼らを知りたい」時期で、その情報を無視できないし気になるしむしろ集めたい。過去を知りたい。

デビューして間もなく、研究生時代こそあれど活動年数の少ない、まだ年齢も二十歳そこそこのセブチは今ならまだ間に合うかも!という思いと、根が深そうなニョントリの歴史を学びたい、そしてまとめたい、という思いからブログかサイトを作って住処にしようと思い立ったのであった。

誰かに読んでもらうために、ではない。例えるならこのブログは論文ではなく、研究所である。

TwitterInstagramだけでは情報と写真が整理出来ないので、それを整理する場。

オタクが趣味で、もう生き甲斐だから、オタクとしての日常を日記として記して、オタクライフを楽しむための場。

このブログに、少なくとも2016年以降の私のオタクライフや、好き、楽しいをほぼ詰められればなと考えている。

お世辞にも几帳面な性格とは言えないので、写真の整理とか、一々日記書くとか、レポまとめるとかすげー出来なさそうだなーと案じられるけど、がんばる

궁금한 게 있는데 어떻게 그리 예뻐

目指せ!ユン・ジョンハン!(無理なのは分かっている) セブチとお揃いのものをただただ入手したい会 윤정한 SEVENTEEN 私物

f:id:migiwa_8:20161031030701p:imagef:id:migiwa_8:20161031030719p:imagef:id:migiwa_8:20161031030734p:imagef:id:migiwa_8:20161031030755p:image

www.vlive.tv

クプスセンイルvliveの時にハニちゃんが着ていたTシャツ♡

可愛いなと思ったし、思い切って購入。

f:id:migiwa_8:20161101034326j:image

昔の雑誌?「SLAP」とHUFがコラボしたTシャツらしい。

おかげさまでドケチな私も、5,000円のTシャツを買うまでに成長…。

昔の私なら「高い!却下!」だったけれど、年々金銭感覚と財布の紐が緩んでいっている。

 

疑問なのは、ハニちゃんはこれを自分で選んで買ったのか?ということ。

それともマスターさんからのソンムルか…?

ハニちゃんが自ら選んだものであることを願うけれど、どうなのだろうか。

まだマスターからのソンムルならば「マスターはファン代表」という認識なので心穏やかではあるのだが、“マスターではないファン”からのソンムルだとすると、話は違って複雑な気持ちである。

なぜなら、私がそれとお揃いのものを買うことで、そのファンの方の思い入れに勝手に割って入ってしまう気がしてなんだか気が引けるから。そして、あとは単純に悔しいから。笑

 

セブチの場合、彼らとお揃いにしたいと思っても、彼らが持っているもの・着ているものはソンムルが多くを占めている気がする。お揃いにしたところでソンムルだったという可能性がとても高そうに思えるのである。

私は、“彼らが身につけている”ということよりも、“彼らが自らの意思で「これイイな」と目をかけて選んだ”ということに価値を見出しているので、悩ましい…。

でもヘビロテで着用しているものはお気に入りのものだと捉えて良いのかな。例えばミングのヘビメタ風顔Tとか。

 

一体彼らの何%がソンムルで出来ているんだろうなあ。笑

君は思い出じゃなくて好きになって

ライブ 関ジャニ∞

 f:id:migiwa_8:20161002030649j:image

f:id:migiwa_8:20160923054235j:image

去年は外れたので(多分申し込み方間違えた…?)初リサイタル〜!

さいたまスーパーアリーナ8月14日2部公演に参戦。

∞に限っては、私はどこの席でも良いのです。と言いつつ毎回封を開けてチケットを確認する時は祈るけど。笑  

さいたまスーパーアリーナは大きい方だけど、それでもやっぱりアリーナは近いね!∞とはほとんどドームでしか会ってないから尚更そう感じる!

f:id:migiwa_8:20161002032453j:image

f:id:migiwa_8:20161002032926j:image

f:id:migiwa_8:20161002030848j:image

f:id:migiwa_8:20161002175751j:image

f:id:migiwa_8:20161010192924j:image

以下、感想雑記。(Twitterでの殴り書きまとめ)

 
・よこやまさんかっこよかった。
ダンスはやっかしやすくん。やすくんの天然節絶好調やったね。
・すばうくんかわいい。
・まるべす愛おしい。
・りょうさん楽しそうだった。
・おおくらくんはいつもナイスなタイミングでナイスだよね。 (日本語)

・トロッコでよこがこっち(上段)の方を向いてくれた(所謂視界に入ったと勘違いできる感じだった)。それだけで嬉しいなんて、なんてちょろいの私…。
熱中症でひなちゃんが倒されたときのよこの笑い方が可愛かった(手で口を覆う感じ)。元々可愛い笑い方をする横山さんではあるが、私が今まで見た横山さんの笑い方の中で一番可愛い笑い方だった…悶えた。
・まるに脇チョップされるよこさん←これどゆこと?記憶にない
・イントロドンで、りょうちゃんが「合ってるよな?そうだよな?」ってちょっと心もとない感じで司会者のやすくんを見つめながら「ずっと君と生きてくんだね  僕の背中には羽根が〜あ〜る〜」と回答ソングを歌っていて、それに「うん、うん、そやで、それやでりょう」って感じで目を見開いて応えてあげていて、目合わせてたヤンマーが、

うん、とても、かわいかった。
・ディスられてるときのやすのまるを見る目がヤバイイ。ゾクゾクした。(disれなくてグダグダなまるに呆れてる感じ)(これだからやすは良い)
・よこ腿うつくし
・バキバキで改めて思う《横山さんスタイルいい》
・バキバキで移動するとこ何気に萌える
・あらしうたうよこうつくしいどこまでもきれい(嵐歌う横山さん美しいどこまでも綺麗)←イントロドンで、回答ソング歌う時、カメラどアップだったので美しくさどアップで惚れ惚れした。

ダンスはやっかしやす。ダンス曲はやすに目がいってしまうね。
・キン男「つっぱって」でぶつかってしまう気まずいが可愛かった。バクステ寄りの席だったので、その瞬間もまあまあ良く見えてうふふふふふってなった。すばりょも笑い合ってて良い気まずいだった。
熱中症でフラフラとまるに寄りかかる横山さんにドキッとした(オブラートに包んで言うと色っぽかった。包まないで言うとエロかった。)

・よこやまさん、なんでそんなにかっこいいんですか

・基本クール(と言ってもいつも通り)だったよこさん。よこやまさんのクールって愛がちゃんと伝わってくるからそれもそれで好きだけど、でもテンション上がって子どもみたいなよこやまさんも久々見たいよなあと。

・MC時横山さん、太腿をかいてバキバキのズボンがちょっと上に上がる。もっと上げてくれないかな
・「女の子同士やったら手繋いだりスキンシップとるのもわかるやん、けど男はようせんやろ」とよこ。まるちゃん「そういうときもあるでしょ!?」。メンバードン引き。やっぱりそういうもんなの?じゃあニョントリはどうなるの?と思う私。というか皆まるちゃんを攻め立ててるけど、気持ちわからなくもないんじゃない…?(主によことすばちゃん…)と思う私。

・1秒きっすは驚いたなあ。嬉しかったあ〜。。。でも1秒きっすの一番の見所はAメロのよこの腰ダンスだからな。トロッコでざんねん!

・イントロドンの時、試合後のよこにマイク渡してたりょうさんに萌えた

・よこやまさんの好きって10回言ってのやつ久々キタ━(゚∀゚)━!とうれしかった

・昼はよこやまさんのよこやまさんが主張していたらしい・・・夜は特に主張していなかった…確認したかった…
・村上さんは太いって話で、(゚∀゚)「何が?」ってなって、(゚レ゚ )「いや色々ね、芯が太い」とか言ってたんだけどこれびっべんだったら下系の話に転ぶなと思って、あれ意外と環八下ネタしないな、ああそうかびっべんがちょっと度が過ぎてて慣らされてしまったのか、なんて思ってたんだけど。全然そんなことなかったよね。すばうくんマットに股間擦り付けられて喜んでたわ。
(゚∀゚)昔よくやらへんかった?やったんですよ(ニコニコ)

まるはすばうくんのイチゴ狩るし。びっべんの下ネタはむしろ大衆向けだと思えるほどに∞の下ネタは変態チックな質だったわと再確認(主にすばるくん)。
・まるがなかなかやすをディスれなかった時、おもむろによこちょがまるの首元にひっついてた毛を取ってあげていてそれがなんかいやらしかった。
・正直よこやまさんを性的な目で見たことは殆どないのだけれど(少しはあるんかい)、バキバキのときはなんかすげーエロかったからよこやまさんとよこやまさんの太腿を見ながら、私の頭の中が割とピンクに染まっていた気がする。ましてや昼公演のようにもっこりだったらマジやばかったな。夜は収まっててよかったですよ(いや、残念です)。ちゅんりくんをそういう目で見ることにはさほど罪悪感はないのに(おい)、よこやまさんをそういう目で見ているとどこか申し訳なさがあった。私的にはよこやまさんはせめでもうけでもどっちでも良い。
・よこくらのキンキよかった。声がすげー合ってた。2人ともキンキ合いますね!

・イントロドンで、横山さんの歌っている声が聞こえないとのことで仕切り直しに。いやいや、横山さんの声聞こえてたよ。というか横山さんの声しか聞こえてなかったよ。私の頭の中では横山さんの歌声鳴り響いてたよ。と、私は横山さんに集中していた為にメンバーや客が「聞こえない〜」と言っているのが理解できなかった。「ユアーマイソーソーいつもすぐそばにあるーゆずーれーないよだれもじゃまできない」って、ちゃんと歌ってたよ〜う。。
・私見逃してしまっていて何だったんだろう?と気になっていたんだが、横山さん腰を痛そうにしていたそうだ…。客が心配そうな声を上げた後横山さんは『言っちゃった』『まあまあ気にしないで』みたいな顔してたんだよね

 

リサイタルはペンミのようなものだと理解。

でもペンミほど緩くはないから、ペンミとライブの間くらいなのかな。

 

名義もう一個作ろうかなあ。。

最後に、ライブ後の一杯(ラーメン)美味かった。

f:id:migiwa_8:20161002032425j:image

セブチ初イルコン

SEVENTEEN

セブチに堕ちたのは7/16。

そんな私は当然セブチ初イルコンのチケット応募に間に合うわけもなく。

中野サンプラザという身の丈に合っていないキャパの会場のおかげでチケットのお譲りも全くなく、一般でも取れるわけもなく。

それどころか、ファンクラブ加入者でさえ悉く落選…?

鬼かよ。桃太郎HELP。

すっげえすっげえ行きたかったけど、こんな状況では私の入る隙がない。

じゃあ、せめてグッズを買いに。

日本に中々来ないセブチが東京にいるんだから出来る限り近くに行くしかない!

 

っつーことで、8月8日、中野サンプラザへGO。

f:id:migiwa_8:20161003042520j:image

サンプラザ1階にいると、わずかだけれど中の音が聞こえる。さらにたまにドアが開くと大きく聞こえる。

f:id:migiwa_8:20161004181946j:image

今クプスお祝いされてるなあーとか、ハニたんの「내 말은 너를 다 알고 싶어」がハッキリ聞こえたあーうわあー(感動)とか、「감사합니다」って口々に言ってるーとか、あじゅないすのダンダンダンッっていう足音とか。

ああ、これだけでちょっと幸せなんだけど…。声だけで幸せなんだけど…。ああ、本当にすぐそこにせぶっちゃんたちがいるんだなあ…。

と感動に浸りながら、他の人の邪魔にならないようにとこっそり音漏れを聞く私。

でもやっぱり、かなしいものはかなしい。虚しい。一目見たかった。

でも…そこにいるってだけでなんかもう夢心地だよ!という、音漏れならではの新鮮な気持ち。

f:id:migiwa_8:20161004181849j:image

公演が終了して、会場内から人がどばっと出てくるが、参戦出来た人々に対する嫉妬で狂いそうになる。(笑)

 f:id:migiwa_8:20161004181501j:image

グッズはうちわとTシャツだけのつもりが、舞い上がってクリアファイルとハニ氏のフォトも購入。ああ幸せー・・・。

 f:id:migiwa_8:20161004181516j:image

 

せぶっちゃんたち、日本を楽しめていたようでおばさんは嬉しいです。

屋形船なんて私も乗ったことないよ〜。

 

次回のイルコンは絶対に皆が笑顔になれるようなキャパの会場で頼みますよマジィ・・・。

大阪遠征3日目

BIGBANG BIGBANGロケ地・ゆかりの地巡り ライブ 旅行

今日こそはリハ観覧とオフィシャル出待ちの応募するぞ〜と思いつつ、思いっきし寝坊。それどころかチェックアウトの時間に起床。1時間の延長料金を取られ、宿舎を後にする。

というか私はまず、DVD購入特典のリハ観覧シリアル応募もし忘れていたので、もう最初っからダメダメ。(笑)ズボラ人間だもの〜。

 

ブランチは、冒険JAPAN!関ジャニ∞MAPで横倉が訪れていた『ペリーのいくら丼』へ。

f:id:migiwa_8:20161002213701j:image
てんこ盛りのいくら丼が格安の680円でいただけるという人気店で、行列が出来ていた…。50分並んで入店。

f:id:migiwa_8:20161002214213j:image
2人が食べていたいくら丼と、蟹汁(200円)をいただくことに。いくらは柔らかめor硬めを選べるのだが、私は硬めに。
で、いくらが本当に弾力がある!ありすぎて、めちゃめちゃ床に落とした!笑笑
いくらも蟹汁も美味しかった〜本当にボリュームたっぷりで苦しくなるほどお腹一杯に。次は柔らかめを食べに来たいな。

お腹一杯になった後は、昨日見つけられなかったジテスン通りを探してアメ村を歩き回り…発見。

www.instagram.com

で、彼らがあの時どこからどこへ向かって歩いていたのかを予想。

f:id:migiwa_8:20161114213212p:plain

うむ。すんちゃんのインスタ投稿順(ニョントリアイス通り、ジテスンチョータノシイ通り、チョーウレシイ店)に歩いてみても効率悪い。

チョーウレシイ店→ジテスンチョータノシイ通り→ニョントリアイス通りの順か?

でもそれだとべべやんはいつニョントリと合流していつ離れたんだ?

結果、謎。

 

辿りながら歩いて、昨日は写真しか撮っていなかったニョントリアイス通りをムービー撮影。

www.instagram.com

結構苦戦しながら撮影…していたら、すぐ後ろにある、昨日は気が付かなかったたこ焼き屋さんが何となく目に入る。って、あれ?あれれ?すんちゃんざぁん!

f:id:migiwa_8:20161002223749j:image

これは事前リサーチしていなかったところ!偶然見つけられて、よかった〜。

たこが苦手な私だけど、記念にとねぎたこせんを購入。お兄さんがチーズと勘違いされていたので、サービスでチーズもそのまま入れたままに渡してくれて、これがとっても美味しかった!

f:id:migiwa_8:20161002225025j:image

f:id:migiwa_8:20161002223812j:image

そういえば確かにこの大たこのパリピ店員さんが月曜から夜ふかしに出演していたのは私も覚えていた。白浜でジェットなんて、さすが大阪のパリピ店員と大阪のパリピアイドルだなあと納得。

 

トイレを探してアメ村を歩いていると、横からビッベンの曲が聴こえるので、そのお店を覗いてみる。と、店外に置いてある服に「G-DRAGON着用」と書いてある。

f:id:migiwa_8:20161003025456j:image

なるほど、そういうお店か。と尿意を我慢しながら店内を物色。

店内にもジヨン先輩が着用していた服が沢山置いてある。更にはジヨン先輩のサインも飾ってある‼︎

f:id:migiwa_8:20161003024607j:image

この店は何なんだ…?と思いつつ、私もよく見覚えのあるTシャツがあったので、5,000円と値はしたけれど思い切って購入♡

f:id:migiwa_8:20161003024748j:image

f:id:migiwa_8:20161003024818j:image

f:id:migiwa_8:20161003025238j:image

f:id:migiwa_8:20161003025132j:image

www.instagram.com

昨年ワールドツアーでジヨン先輩が着ていて、年始にはインスタにも登場していたこの服☆インスタに載っているということは衣装ではなく私服なのかな?

私はこのニョントリサジンが大好きで、そしてこの服が印象的だったので、思わず購入。

 

買い物後は無事コンビニのトイレに入り、折角買ったのでジヨン先輩のBABYTシャツに着替えて長居へGO。

 

実はこの時点でまだ、帰りの夜行バスの予約をしていなかった私。やばい、早く予約を取らないと帰られなくなってしまう…と焦りつつ、なんだかんだ予約を取れない私。後でやればいいやと完全無計画でいるツケが回ってきた💦

公演前着席してからも、雨が降っている中予約出来るバスをポチポチ探す私。「楽しみだなあ〜」なんて能天気にわくわくしていられない。「今日で最後かあ…」なんて感傷に浸ってもいられない。「私今日帰られるのかな?!」ってヒヤヒヤアセアセ。そんなこんなしていたらファンベビMVが流れ始めたので、バスの予約は諦めて「もうなるようになるだろ!帰りのことなんて忘れて楽しもう!」と切り替える私。

ちなみに、3日間で初のアリーナ席。Dブロだけれど1列目だったので見晴らしが良くて素敵✨

f:id:migiwa_8:20161003031754j:image

以下、ニョントリ中心公演感想雑記。

円盤収録されていると思うが、ニョントリカメラなんてものは公式にはないので、私が見たニョントリを書き留める。

 

【MC】

・おすんのシャワー映像のくだりで、f:id:migiwa_8:20161114172114p:plain「合宿所時代からすんりは変わらない」とかなんとかの下ネタトークで、笑っていたジヨンさん

・テソンがf:id:migiwa_8:20161114185514p:plain「エロいよ」とかf:id:migiwa_8:20161114185525p:plain「エロくないよ」みたいなこと言っていたときにf:id:migiwa_8:20161114185047p:plain「エ、エロ?エロ?」と相変わらず小さい声で言っているジヨン。そのあとf:id:migiwa_8:20161114185651p:plain「(すんりのシャワー映像)見たけど、そんなエロくないよ」とジヨン。

・例の寸劇の後、f:id:migiwa_8:20161114171456p:plain「はい、カット―」f:id:migiwa_8:20161114171520p:plain「おつかれさまでした~」(かわいい)

f:id:migiwa_8:20161114175926p:plain「大きな拍手を~(パチパチ)」

・雨を降らせるというテソンに対してのロートーンでナチュラルなツッコミf:id:migiwa_8:20161114170500p:plain「神様かよ」にワロタ

 

【FB→メンジョンシンのとき(センターに5人集まってカメラ目線するとき)】

・横向いてすんの顔を見てたジヨさん。

 

【メンジョンシン】

・センステ端から、センステ中央のすんりの元まで、ジヨンさん今日はとことこ歩いていた。で、ペットボトルの水をすんの顔に上からジャー。

 

【アンコ】

・最後「ビ〜〜〜〜〜〜〜ッベン!」のとき、お辞儀を上げるタイミングをジヨンさん合わせてるすんちゃん

・スンがBAEBAEの曲ふりをしたあと、メンバーが違くない?という空気になる。耳打ちし合うニョントリ(近い)

・ステージ裏に向かってなんか言ってるジヨさん。スンもなんか言ってる

 

【BAEBAE】

・すんパート前、ジヨンさんすんに接近、すんを見るが、すんはカメラを見ている。私「ニョントリチャンスきた」

そしてスンパート。ジヨンさんすんちゃんのいるところを通り過ぎる。私「ああ、何もないのか。」とちょっとがっくし。

が、ジヨンさん振り向き、再びすんちゃんの元へ。そして歌っているすんちゃんの服の裾をひらひら~~

 

【その他】

・ジヨさん何か言おうとするもスンにかき消される(MCのときかな?)

・なんでジヨンさんは何をしても様になるのか?

ファンに向ける表情のやさしいこと。

・トロッコ曲のときは、ひたすらすんが誰にペンサをしているのか観察。基本やっぱり塩なんだけども、スローガンを持っているスンペンに敬礼していて、そのペンの人は飛び跳ねて喜んでいたなあ。

 

あなたは私の天国。

なんだか、正にそうだった気がする。

言ってみりゃHEAVEN

夢心地HEAVEN

とはよく言ったもんだ。

この3日間天国にいた気がする。3日連続、空から、天国から天使の5人が降りてきて、地上で一緒に過ごしてくれた。

本当は彼らもずっと地上にいるのだけれど。

きっとこれが味スタだったら夢心地は半減だろう。電車ですぐ行けるということは、俗世からの距離が近いということ。

遠征だから。そして大阪だから。大阪は日本だけれど、私にとっては異国感がある。4回目で、慣れているようでまだ慣れない。まだわくわくする。

 

終演後、なんとか夜行バスを確保することができ、東京へ帰る。どうしてもバスがとれなければもう1泊となったが、それは避けたかった。昨日までいたびっべんがいない、夢から覚めた大阪に居続けたところで喪失感とさみしい思いだけで何もする気が起きないと思ったから。昨日と今日を比べてしまってさみしくなるだろうから。終演後深夜には心斎橋の韓国料理屋にジヨテソが行っていたらしいけど。

ともかく帰れて良かったとほっとする。楽しい3日間が終わったことで寂しくて、ホームシックになってしまった。早く帰りたかった。感情が動くのは大阪。安心するのは東京。

 

思えば3日間、鼻風邪のせいでずっと鼻水をかみ続けていたなあ。公演中も曲と曲の間にすかさず鼻をかんだ。👃💧

私は大阪旅行を計画的に出来た試しがなく、いつも行き当たりばったりぎりぎりで後悔ばかり。

今回も、内輪作りに時間をとられ、リハ観覧応募も出来ず…。早めに会場行ってリハの音漏れとか聴けばよかったなあ。観光する場所も当日にリサーチしてるから時間かかっているし。

ということでまあ、次回から旅行前の準備をちゃんとできるようにしたいと思います。